リサイクルショップで中古品を高く売る方法を考えるサイト

実際に高値で売るにはどうすればよいのか

売り方自体を知ろう

リサイクルショップへのモノの売り方はとっても簡単で、基本的には買い取って欲しいモノをお店に持っていけばいいだけですが、ほとんどの場合「本人確認書類」の提示を求められます。
特に中古本やゲーム、家電製品などなど、不正品や不正な手段で入手した物品で無いかを、本人に制約させる意味でも、この確認書類の提示は必須です。
ですので、売りに行くときは運転免許証や保険証などの本人確認書類を持参しましょう。
ほとんどのリサイクルショップでは、販売カウンターと買取カウンターを分けています。
ブランド品など、細かい査定が必要なモノの場合は、本人としっかり話をしながら決める必要もあるため、高級ブランド品買取専門店などには、個室タイプの買取コーナーもあります。
査定が終わったら、買取価格の提示がされます。
それで納得すればそのまま買取と支払いがなされます。
よほどの金額でなければ、その場で現金買取するお店がほとんどです。

高く売るコツとは

さて、リサイクルショップにおいて「高く売るコツ」というのは、概ね同じです。
「物品自体に痛みが少なく清潔」「希少品であること」「取扱説明書や付属品が欠品なく完備されている」「外箱も良好に保たれている」などです。
特に服の場合「ボタンが取れている」「修繕が必要な状態」などは拒否されますのでご注意を。
そして以外に大事な点が「あなた自身の雰囲気」です。
特にこれはブランド品を売る場合なのですが、あなたが「お金に困っていそう」「お金が無さそうな格好をしている」などのイメージを店員に抱かれると、不利になる原因です。
お店もできるだけ値切ろうとするので、その商品を大事にしていたという雰囲気を出しましょう。
そして交渉になる場合は、できるだけその商品の知識を持ってから臨みましょう。
特にそのジャンルの品の相場を先に調べておくと、とても話がしやすくなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ