リサイクルショップで中古品を高く売る方法を考えるサイト

リサイクルショップで初心者でも高く売るには

リサイクルショップの法律的立ち位置

リサイクルショップは、街中でも普通に見かける存在ですよね。
しかし、無許可で経営して良いタイプのお店ではありません。
飲食店などと同様に、法律に基づいた許可が必要です。
リサイクルショップと横文字で表現されますが、日本の法律では「古物営業」と呼ばれ、その中でも「古物商」に当てはまるのがリサイクルショップや、古本屋、古着店、中古車販売などです。
なぜこんな法律があるのかと言うと、中古品というものは新品と違いクオリティの保証が難しいため、一定の規制を掛けないと、それこそ「ゴミ」に近い状態のものが、言い値でお店に売りつけられたり、市場の価格や常識から逸脱した値段で買いたたかれたりしてしまう恐れがあるためです。
また、こうして法律的にきちんとした許可と規制を掛けることで、盗品や不正品の売買が横行するのを防ぎ、それは同時に、反社会的勢力による取引の温床となる事も防ぐ事ができるのです。

リサイクルショップの禁止事項

リサイクルショップにおいて禁止されていることは、お店側にも利用者側にも双方に存在します。
まず、お店側が守らなければいけない事は、古物商としての遵守事項として法律でも定められているものなのですが、主に「古物商許可証をお店の目に付きやすい場所に置く」「行商や競売の際には古物商許可証を携帯する」「古物商許可を他人に名義貸ししてはならない」ことなどです。
逆に利用者側としては「買取してもらう際には、店舗に対して本人確認書類(運転免許証)などを提示し、帳簿への記録に同意しなければならない(逆にお店側はこれをすることが「義務」です)」「生ゴミや生鮮物、危険物などを中古品販売してはならない」「使用歴などは正確にお店側に伝えなければならない」などです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ